ようこそ! 「アルビオン化粧品とスキンケア」へ

アルビオン化粧品のスキンケア

アルビオンといえば幅広い世代に絶大な支持を得ている化粧品メーカーです。

洗顔、乳液、化粧水とつけていく、独特のスキンケアと、アルビオンといえば「スキコン」といわれるくらい代表的な化粧水は有名ですね。

アルビオンとスキンケアについて紹介します。

肌のうるおいは、水分、油分、モイスチュアバランスで決まります。

この3つをバランスよく与えることでオイリーに傾いた肌を整えます。

だからアルビオンはオイリー肌でも使えるんです。

アルビオンの乳液を使うと肌がしっとり、滑らかになったのを実感できるはずです。

これだけでもアルビオンの乳液を使う価値はあるでしょう。

アルビオンの乳液はコットンでなじませます。

一見、なめらかに見える肌も実は凸凹がいっぱいです。

コットンを使うことにより、均一になじませることができるので、アルビオンの乳液はコットンでなじませます。

アルビオンの乳液はコットンでなじませます。一見、なめらかに見える肌も実は凸凹がいっぱい!コットンを使うことにより、均一になじませるのです。なるほど!だからアルビオンの乳液はコットンでなじませるのですね。

なぜアルビオンは乳液→化粧水の順番なのかというと、アルビオンの乳液は肌のバランスを整えるものです。

洗顔によって洗い流された水分、油分、モイスチュアバランスを整えます。だからアルビオンは乳液からなんです。

肌のうるおいは水分、油分、モイスチュアバランスがバランスよく配合された状態です。決して水分だけではないのです。アルビオンの乳液でしっかり油分、モイスチュアバランスを整えてあげましょう。

よい角質層とは、水分、油分、天然保湿成分がバランスよく整っていることです。

よい角質層になるためにもアルビオンは欠かせません。

角質層の働きは、大きく分けて2つあります。

1つは水分保持機能で、潤いを保持し感想から肌を守ります。

2つ目はバリア機能で、紫外線などの外部からのダメージを跳ね返し肌トラブルをブロックします。

角質層の働きを助けるにはアルビオンが欠かせません。

肌のキレイを左右するものは、それはズバリ角質層です。

角質層は、たった0.2mmの肌の表面を覆うものです。

この角質層をきちんと働かせるためにもアルビオンは欠かせません。

透明感があり、しなやかな肌をつくるには、モイスチュアバランス、キメ、メラニン、血行のバランスを整えてあげることです。

そのためにもアルビオンは欠かせません。

特に、モイスチュアバランスを整えてあげると、キメ、メラニン、血行のバランスもよくなります。


  • seo